コミュニケーションでお悩みの方へ
アサーション・トレーニング
~ストレスの多い人間関係を改善し、自分らしく爽やかに生きるために~

媚びず、錆びず、ぶれないで、しなやかに、爽やかに生きたい方へ

など、コミュニケーションの問題で困っている方にお勧めします。
特に、医療、福祉、教育など対人援助職の方たちは、ワーク・ライフバランス、
つまり、働くことと愛することの両立を願って忙しく働いておられます。
燃え尽きないために、「自分を大切にしながら、相手を援助する」ための
アサーション・トレーニングは注目されています。

アサーション assertion とは

アサーションとは 自他尊重のコミュニケーションで、
「自分の欲求・気持ち・意見・価値観などを、率直に正直に、
その場に適切に表現すること」を言います。

自分の言いたいことが分かっていることと、そのためのスキル
が必要です。Step by Stepでアサーションを身につけましょう。

こんな効果があります

えなが提供するアサーション<自己表現>トレーニングの特徴

1.トレーナー 森川 早苗 えな・カウンセリングルーム 臨床心理士・家族心理士
(株)日本・精神技術研究所の認定トレーナーでスーパーバイザーでもあります。
トレーナーとして25年以上の実績をもつと同時に臨床心理士として30年以上の経験があります。

『アサーション・トレーニング』の2冊目に読む本として
『アサーション・トレーニング ―深く聴くための本―』
(日精研発行 金子書房 2010年)を出版しています。
2.豊富なトレーニング実績
・(株)日本・精神技術研究所 
 アサーション<自己表現>トレーニングトレーナー/スーパーバイザー
・看護協会(広島・佐賀・岐阜・兵庫・東京・愛知他)
・産業カウンセリング協会(中国・関西・四国)
・産業カウンセリング学会 研修会
・社会福祉協議会(広島・山口)
・いのちの電話全国研修会 講師 など
著書 アサーション関係(一部)
『アサーション・トレーニング―深く聴くための本―』日精研 2010年

『できる社員は相談上手! 人を動かす仕事術』PHP通信ゼミナール 2017年
『女性がアサーションを学ぶ意味』編集 平木典子
「アサーション・トレーニング―自分も相手も大切にする自己表現―」至文堂 2008年
『カウンセラーのためのアサーション』平木典子・沢崎達夫・土沼雅子編著 金子書房 2002年
3.圧倒的な数の参加者の声<一部抜粋>
ご希望の方は(先着20名)「参加者の声」を無料でお送りいたします。
4.少人数 最大12名
ペアや4人グループでの話し合いなど、気の弱い人や人付き合いが苦手な人でも安心できるサイズです。

アサーション・トレーニング ベーシックコース 参加者の声

ワーク毎に新メンバーでグループを作って、意見交換できたのがとても良かった! たくさんの人と知り合い、たくさんの人の意見が聞けてとても良かったです。(M・W)
理論も身近なたとえが多くてわかりやすかったし、例題や実習で再確認をすぐにできてよかった。(Y・A)
自分も相手も同じくらい大切という当然のようなことが、実際には偏ることが多々あると思う。今回の研修は自分の偏りを是正できたように思えたので、とても気持ちが楽になった。 
(N・Y)
必ずしも皆が自分と同じ考えではない。またそのことは当然であるということ。今までは皆が一緒でないことに不安を感じることが多かったが、違いを認める・受け入れるという方法もある。
(K・H)

ベーシックコース

講義、討議、実習などを通して、アサーションの考え方、態度、行動について
ステップ・バイ・ステップで理解します。
2日間の流れ
1日目
10:00~18:00
1.アサーションとは

2.自己信頼とアサーション権
3.認知上(考え方)のアサーション

2日目
9:30~17:30
4.言語上のアサーション
    ①日常場面
    ②問題解決の場面

5.非言語上のアサーション / 感情について

日 程 1日目 10:00~18:00    2日目 9:30~17:30
B161
 2019年5月18日(土)・19日(日) 
B162
 2019年6月29日(土)・30日(日) 
B163
 2019年8月3日(土)・4日(日) 
B164
 2019年10月13日(日)・14日(月・祝)
B165
 2019年11月23日(土・祝)・24日(日)
B166
 2020年1月12日(日)・13日(月・祝)
B167
 2020年2月23日(日)・24日(月・振休)
申込条件  全期間(2日間)出席可能な方
事前学習  平木典子著『アサーション・トレーニング』(日本・精神技術研究所)
募集人数  12名 
参加費  40,000円(税・資料代込み)  2人以上での申込みは4,000円引き
締め切り  各コースとも開催日の10日前
会 場  広島市中区予定(会場未定)
 実践コースと同時申し込みは80,000円(税込)

実践コース

ベーシックコースを修了した方が参加できます。参加者各自の日常生活の中での苦手な自己表現の場面などを具体的に取り上げ、ロールプレイングを通してアサーティブな態度、言動への変容を目指します。是非、ベーシックと同時に申し込まれることをお勧めします。
日 程 1日目 10:00~19:30    2日目 9:30~17:30
P83
 2019年9月22日(日)・23日(月・祝) 
P84
 2020年3月20日(金・祝)・21日(土) 
申込条件 ベーシックコース修了者で、かつ全期間出席可能な方 
募集人数 6名(5名未満の時は中止します) 
参加費 45,000円(税・資料代込み)
締め切り 各コースとも開催日の10日前
会 場 広島市中区予定(会場未定)
※特別割引 ベーシックコースと実践コース同時申し込みは80,000円(税込)
・経済的事情のある方は、分割等御相談ください。
・受理書は締め切り後に発送します。参加費は受理書発送後お支払ください。

よくある質問

Q. アサーション・トレーニングには2種類あるようですけど、アサーション・トレーニングベーシックコースと実践コースは、どのように違うのですか?
A. ベーシックコースでは、アサーションの基礎の部分、アサーションとは何か、アサーティブであるための姿勢や物の考え方などを学びます。現在のあなたのコミュニケーションを見直し、もっと気持よい関係を作るために、どうすればいいかが分かります。
実践コースでは、ベーシックコースで学んだ知識を用いて、実際に具体的場面をロールプレイで練習します。こちらも少人数で行いますので、ロールプレイはちょっと…という方でも安心して実習していただけます。この実践コースはベーシックコース受講者が対象です。
Q. アサーション・トレーニングベーシックコースと実習コースは両方受けた方がいいですか?
A. 「人とのコミュニケーションをよりよくしていきたい」、「アサーションを職場・日常生活で使えるようになりたい」、「ある人とのコミュニケーションがうまくいかず悩んでいる」…などと思われているようなら、両方受講されることを勧めます。
アサーションは「知っている」「なんとなく使える」だけでなく、実際に「適切に使える」ようになることが大切です。「適切に使える」ようになると自然と対人関係にも変化が出てきます。そのためには、理論だけでは十分ではないので、実践コースを受講されることをお勧めしています。実践コースでは、「腑に落ちる」とか「心が動く」など、アサーションを「身をもって体験する」ことができます。
Q. 広島(えな・ヒューマンサポート)で受講するメリットはありますか?
A. 西日本で定期的にアサーション・トレーニングを開催している日本精神・技術研究所の認定トレーナーは、森川一人です。トレーナーとして25年以上、トレナー養成の経験もある森川が2日間担当します。また、病院、福祉関係など研修も豊富なので、医療・看護・福祉・教育関係の方にとっては具体例も分かりやすいでしょう。日程が合えば、西日本在住の方にとっては経費の面でもお得でしょう。また、ベーシックコースを東京で受けて、実践を広島、またその逆も可能です。
単なるコミュニケーションのスキルを超えて、「自分自身が主体的に生きるとは?」
「人を大切にするとは?」といった、人間関係をしっかり理解したい方におすすめします。